日創研は社内教育ツールを提案する

日創研は、ミッションとして日本の中小企業の発展を掲げています。中小企業というのは日本の経済を支えている重要な存在です。しかし、実際には中小企業のほとんどが赤字経営で苦しんでいるという現実があります。このような状況を改善させたいと願っているのが日創研であり、そのためにビジネスセミナーを開催しているといいます。これまでに多くの人達が参加しているようです。

日創研は、教育事業を展開してきました。それによって中小企業の業績を向上させ、人材育成をサポートすることを目指してきたのだそうです。実際に多くの企業が日創研による教育を導入し、効果が出ているといいます。実際に黒字経営になったというケースもあり、信頼されているようです。日創研は多くの中小企業を顧客としており、それぞれの経営者としっかりと信頼関係を築いているといいます。そして、それぞれの会社と深く関わろうとしているそうです。そうして、中小企業の成長を支援することに力を尽くしているといいます。

そんな日創研では、社内教育ツールというものを用意しているようです。たとえば日創研は、社内教育システムの構築を支援してくれるといいます。これによって、社内をもっと活性化させることができるそうです。仕事に対して意欲的であり、モチベーションの高い人材をどんどん育成することができるのだそうです。そしてそのために、日創研はさまざまな教材を開発しているといいます。たとえば、月刊誌として『理念と経営』というものを刊行しているようです。こちらを用いて勉強会ができるといいます。また、「13の徳目」という教材があり、こちらによってコーチング型朝礼による教育ができるようです。他にも、社内ポスターを用いることによって経営感覚を養い、ありがとうカードを用いることで社内メンバーの意欲を高めることができるといいます。

日創研はこのように豊富な種類の教材を用意しています。これらをそれぞれの会社の課題に合わせて使い分ければ良いのです。そのための適切なアドバイスも日創研はキチンと行ってくれるといいます。

日創研は、これからもオリジナルの社内教育ツールの開発に力を入れていくでしょう。それだけではなくて、さまざまな研修を実施しているようです。たとえば、集合研修をたくさん開いており、こちらに社員を参加させることによって、さまざまな能力を伸ばすことができるといいます。あるいは講師を派遣してもらい、社内で研修を実施することもできるようです。それぞれの企業のニーズに合った研修を、提案できるのがわかります。これからも多くの中小企業の活性化を実現させるために、人材育成の事業に取り組んでいくのでしょう。