日創研は社会貢献にも取り組む

日創研は、教育を中心とした事業展開をしているという企業です。これまでに、数多くの中小企業をターゲットとして、教育サービスを展開してきたといいます。中小企業に対して研修を提案して、それを通して中小企業がもっと発展していけるように貢献してきたのだそうです。日本の中小企業というのは、日本経済を支える重要な存在といえます。そんな中小企業に活力を取り戻させることを目的として、日創研は事業展開をしてきたといいます。

日創研の会員となっている中小企業はたくさんあるようです。その中小企業は、日創研の提案するさまざまな研修や教育プログラムを利用しているのです。日創研の提案する教育を通して、社員の能力を高めようとしています。日創研では特に、可能思考教育というものにこだわっているといいます。こちらは目には見えない能力のことであり、そのためなかなか結果として分かりにくくて、教育をするのが難しい分野とされています。しかし、この目に見えない能力をきちんと伸ばしていくことができなければ、その会社が発展していくことは不可能であると日創研は考えているそうです。そこで可能思考教育というものを、積極的に実施しているといいます。

他にも日創研は、さまざまな工夫をしながら中小企業の教育に携わっているようです。たとえば、階層別の教育を行っています。中小企業の中には社長や幹部、社員といった階層が存在しています。それぞれの階層は、社内で異なる役割を果たしているでしょう。そのため、求められている能力が異なるのです。そこで日創研は、それぞれの階層に必要な能力を伸ばすための教育を実施しているのだそうです。

また、こちらは社会貢献にも積極的に取り組んでいるといいます。これまで教育の事業を通して培ってきた、ノウハウや経験を生かしているのだそうです。たとえば日創研は、モンゴルにおいて学校兼寮の運営を実施しているようです。こちらの施設には先生が常駐しており、子供達がしっかりと学べる環境が整っているといいます。毎年多くの子供達を受け入れており、成果を上げているのだそうです。

他にもこちらは、平成こども論語塾というものを開催しています。将来の日本を支えていくことになる子供達を、教育するための試みです。子供達に論語を通して、未来のリーダーになるために必要となる素養を養ってもらおうとしているのだそうです。学校では教わることのない、さまざまな知識や考え方、生き方を身につけていけるのではないでしょうか。

日創研は、これからも幅広い活動を通して、日本社会に大きな貢献をしていくことでしょう。日本がこれからも発展していくことを願い、活動をしているという企業だからです。

管理人が選ぶサイト◇◇◇日創研山形経営研究会