日創研は講師を派遣する

日創研は、各種セミナーや経営コンサルティングを展開しています。これらを通して中小企業の経済発展に寄与しようとしているといいます。そうすることによって、日創研は日本経済がこれからもどんどん発展することを願っているのだそうです。

日本には数百万もの企業があります。そのうち中小企業の割合は99%を超えます。ほとんどが中小企業といえる状況となっているのです。しかし、その中小企業の大部分は、赤字経営となっています。経営状態がどんどん悪化しており、苦しんでいる状態となっているのです。このような状況では日本経済はどんどん悪くなっていきます。そこで日創研は、人材育成を通して日本の社会をもっと元気にしていこうと考えているのだそうです。

そんな日創研では、企業内研修のサービスを提供しているようです。これはそれぞれの企業に講師を派遣して、企業内で研修を実施するというものなのだそうです。従来の社員を派遣してもらう集合研修も実施しているようですが、そちらでは都合が悪いという会社も存在しています。そのような需要に応えるために、企業内研修にも取り組んでいるといいます。講師派遣によって、社員それぞれの仕事のやり方を見直し、生産性を高めるためのサポートを行うのだそうです。企業はさらに、付加価値を増大させることができるのではないでしょうか。社員一人ひとりがより効果的な仕事の仕方を実践できるようになり、お互いがしっかりとコミュニケーションを取れるようになるそうです。これによって、会社への貢献意欲を高めることができるのではないでしょうか。

たとえば日創研は、60日のプログラムとして企業内PSVというものを提案しているようです。こちらによって、職場のビジョンを明確にすることができるといいます。具体的に目標を掲げて、それに向かって取り組めるようになるでしょう。グリットややり抜く力を高めることができるようです。グリットというのは成功者が共通して持っている力のことであり、アメリカで注目されています。日創研がずっと注目してきた力であるとのことで、日創研ではそのグリットを体得するための教育プログラムが整っているといいます。

このような社内で開催する研修には、さまざまなメリットがあります。共通体験ができて、オリジナルの内容を盛り込んでもらうことが可能であり、安心感や反復効果を期待できます。これからも日創研は多くの中小企業のために、企業内で行う研修にも対応していくでしょう。日創研の研修によって効果があったという声はたくさんあるようです。今後も日本の経済の発展に、大きく寄与していくのではないでしょうか。